起業の仕方は?事業をスタートするための手順をご紹介

起業の仕方は?事業をスタートするための手順をご紹介

起業は難しいものとイメージされるかもしれませんが、やり方さえ分かれば誰でも簡単にできます。とはいえ、事業の順調な船出のためにはしっかりとした準備が必要です。今回は、起業の仕方について、具体的な手順を5つのステップでご紹介します。起業の仕方が分からない方や起業を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ステップ1 起業分野の選定

まずは、どの分野で起業するのか決めます。以下の3点を軸に検討してみるとよいでしょう。

・自分がやりたいこと

・自分の得意なこと

・市場のニーズ

最も大切なのは自分のやりたいことを見極めることです。起業後は事業を継続していかなければならず、嫌いな分野で起業でしても長続きしません。また、エンジェル投資やベンチャー・キャピタルから出資を受けようとする場合、起業に対するモチベーションが審査されます。嫌いなことよりも自分のやりたいことの方が、モチベーションをアピールしやすいでしょう。

次に、自分の得意なことを考えます。スキル・人脈・資産など事業に利用できそうなものを洗い出しましょう。やりたいことがあったとしても、自分の経験を活かせないものだと失敗のリスクが高まります。自分の強みを活かせる分野での起業を推奨します。

最後に、市場のニーズを調査します。自分のやりたいことや得意なことを詰め込み自分の理想とするサービスを開発しても、それが市場のニーズを満たすものでなければ成功しません。自分の理想よりも、市場のニーズを把握しそれも満たす商品・サービスを提供するというマーケットインの考えが起業を成功へ導きます。

ステップ2 事業計画の作成

どの分野で起業するか決めたら、事業計画を作成しましょう。「誰に」「何を」「どのような方法」で商品やサービスを提供するのか具体的にイメージします。市場を調査するのはもちろん、実際に競合のサービスを受けてみるとよいでしょう。競合の真似すべき良いところや改善すべき悪いところをチェックしておくと、自分の事業に活かせます。

ここで重要なのは調査・分析した事業計画を頭の中に留めておくのではなく、事業計画書として形にすること。

なぜ自分の商品・サービスは売れるのかを客観的に説明できる事業計画書を作成することで、成功への道筋がよりクリアになります。また、融資を受ける際は事業計画書が必要です。あいまいな事業計画書では融資先の信頼を得られず融資を受けられません。具体的かつ説得力のある事業計画書を作成することで、自分の進むべき道が明確になるとともに融資先へのアピールもできます。

ステップ3 資金計画の作成

事業計画に基づき事業を行うにあたってどれだけの資金が必要なのか、その資金をどうやって調達するのか検討します。起業の際に必要な資金は大きく分けて「設備資金」と「運転資金」の2種類です。

設備資金は、事業を開始するための設備をそろえるための資金です。パソコン・文房具・オフィス賃料などが代表例です。運転資金は事業を継続していくための資金です。仕入れ、広告宣伝費、従業員に対する給与などが代表例です。起業してから瞬く間に利益を挙げるのは難しいため、最低でも3か月分は用意しておきましょう。

大きな支出が予想される場合、複数の業者から見積りを取り、正確な費用を算出します。この見積りは融資の審査でも必要になります。

ステップ4 起業形態の具体化

ここまできたら、いよいよどのような形態で起業するか具体化していきます。個人事業主として開業するのか、会社を設立するのか決めましょう。会社であれば株式会社なのか合同会社なのか、役員は何名にするのか、取締役会を設置するのかなどの機関設計も必要です。個人事業も会社設立も、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の計画に合った形態を選びましょう。

さらに、起業する場所も選定します。好立地の物件を借りるのか、コストを抑えるためにコワーキングスペースやレンタルオフィスを利用するのか、資金の有無や収益の見込みなどから判断しましょう。

ステップ5 起業

実際に事業を立ち上げます。起業の仕方は個人事業主と会社設立の2通りがあります。個人事業主の場合は開業届を税務署へ提出したとき、会社設立の場合は法務局で登記が完了したときに起業したこととなります。

個人事業の場合はそれほど手間をかけずに手続きが完了しますが、会社設立の場合は書類の用意や定款の認証などが必要です。2週間~1か月程度の時間を要するものと想定しておきましょう。

まとめ

今回は、起業の仕方について、その具体的な手順をご紹介しました。起業は誰でもできますが、起業後は事業を継続していかなければなりません。起業はゴールではなくスタートなのです。しっかりと準備をして、自分のビジネスを成功させましょう。