起業アイデアの見つけ方は?低予算でスタートできる起業アイデアもご紹介

起業アイデアの見つけ方は?低予算でスタートできる起業アイデアもご紹介

働き方やライフスタイルが変化し続け、終身雇用という概念も失われつつある現代で、起業は注目を集めています。起業を志す人は増えており、SNSを通して実際に起業した人を身近に感じることもできます。今回は、これから起業したいと考えている方へ向け、起業する際のアイデアの出し方や低予算で始められる起業アイデアをご紹介します。

起業とは

起業とは、事業を新しく始めることをいいます。個人事業主として開業するか、会社を設立することで起業します。一般的には個人事業主として開業する方が低予算ですみますから、起業にコストをかけたくない方は個人での開業を目指すとよいでしょう。

起業アイデアの出し方の4つのポイント

いざ起業したいと考えても、どのようなビジネスを始めればよいのか迷ってしまう方も多いかと思います。ここでは、迷ったときの起業アイデアの出し方をご紹介します。

自分の日常にアンテナを張る

起業する際は新しいアイデアが必要です。しかし、モノがあふれる現代において、私たちの生活は便利な商品やサービスであふれています。これらは全て企業や個人事業主などの努力の賜物で、これ以上の商品やサービスを提供するのはなかなか難しいです。だからこそ、自分の日常にアンテナを張り、”こんなものがあったら良いのにな”、”このサービスのここは不便だな”など、何気ない日常に潜む課題を見つけましょう。見つけた課題を解決できるような商品やサービスを提供できれば、大きな価値を生み出します。日常は起業アイデアの源泉です。アイデアが出てこず困った場合は、日常を振り返ってみるとよいでしょう。

既存の商品やサービスを研究する

前述の通り、現代は便利な商品やサービスであふれています。これらが消費者の需要を満たし、市場で売れているのには必ず理由があります。なぜ既存の商品やサービスが成功しているのかを研究することで、需要がどこにあるのかを見極められます。そして、既存のものでは解決できない課題に対するソリューションを自分のビジネスで提供できれば、大きな利益を生むでしょう。既存の商品やサービスの良いところはマネし、悪いところをブラッシュアップできれば、起業アイデアとしてビジネスの種にできます。

自分の好きなことや得意なことを追及する

消費者は価値のあるものに対価を支払います。自分の好きなことや得意なことが、他人に価値を提供するものであるかもしれません。自分の趣味や特技が他人にとって価値あるものとならないか、よく検討してみましょう。自分の好きなことや得意なことで起業できれば、継続してビジネスを行える可能性が高くなり自分にとってのメリットもあります。

クラウドソーシングサイトを利用して世の中の需要を知る

「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサイトを利用すれば、世の中にどのような仕事があるのか知ることができます。仕事=需要ですから、クラウドソーシングサイト上の案件を起業のヒントにできます。実際に案件を受けてみて経験を積んでみるのもよいでしょう。クラウドソーシングサイトでは法人・個人問わず様々なクライアントが仕事を発注しているため、多様なジャンルの仕事を受注できます。

低予算でスタートできる起業アイデア3選

次に、低予算で始められる起業アイデアをご紹介ます。起業アイデアの具体例として参考にしてみてください。

ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、ネット上にショップを開設し注文を受け、メーカーや卸売り業者が注文を受けた商品を発送するというビジネスモデルです。自分がやることは受けた注文をメーカーや卸売り業者へ発注するだけなので、自分で在庫を抱えてなくよい点が魅力です。商品を仕入れる必要がありませんから、低予算で起業できます。

自分のスキルを売る

ライター・デザイナー・システムエンジニアなど、需要のあるスキルを持っていれば自分のスキルを売ることで起業できます。この場合、コストは”時間”だけですみますから、予算をかけることなく起業できます。

ハンドメイド商品の販売

雑貨・調味料・食器など、ハンドメイド商品の販売で起業する方法もあります。材料費を安く抑えれば、少ない予算でビジネスを開始できます。自分がメーカーとなるので商品の発送や在庫管理を行う必要はありますが、商品開発から生産、プロデュースまで自分の手で行える点は魅力です。

まとめ

今回は、起業アイデアの出し方や低予算で始められる起業アイデアをご紹介しました。需要にマッチする起業アイデアは起業成功への第一歩です。自分や社会の需要を見つめなおし、他人に価値を提供できる起業アイデアを生み出しましょう。