「起業したい」と思ったらやるべきこと&知っておくべきこと

「起業したい」と思ったらやるべきこと&知っておくべきこと

働き方改革が進み様々なワークスタイルが現れている昨今、起業したいと考えている人が増えています。しかし、いざ起業したいと思っても何から手をつけて良いのか分からず困っているという人も多いのではないでしょうか。今回は、起業したいと思ったときにまずやるべきことと知っておくべきことをご紹介します。起業したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

やるべきこと4つ

起業するためには1つずつやるべきことに着手する必要があります。ここでは、起業のためにやるべきことを4つご紹介します。

どのような事業で起業するか決める

まず、自分がどのような事業で起業するか、事業内容を決めましょう、事業内容とは、「どんな商品・サービスを、誰に、どのような方法で提供し、いかに利益を得るか」ということです。起業して成功するためには、しっかりと事業内容を練る必要があります。

起業したいと考えたとき、個人事業主としての開業や会社設立の手続きに目が行ってしまいがちですが、手続きは誰でも簡単にできます。それよりも、事業で成功することを見据え自分のビジネスモデルを確立しましょう。

市場を調査する

技術が進歩した現代において、市場は多種多様な商品やサービスで溢れています。そして、市場は流動的であり、消費者の消費行動は絶え間なく変化しています。いくら自分が良いと思った商品・サービスでも、それが市場のニーズに応えるものでなければ収益は得られません。起業する際は、市場を念入りに調査し、「需要がどこにあるのか」、「これから社会はどのように変化していくのか」をしっかり分析しましょう。

事業計画書を作成する

自分の事業の目的やビジネスモデルなどを記載した事業計画書を作成しましょう。利益や販売数、費用などの具体的な数字も記載します。自分の頭の中で思い描いている事業を事業計画書として形にする、いわばアウトプットの作業です。自分のアイデアを事業として作り上げていきましょう。また、金融機関から融資を受けたり、投資家から投資を受ける際にも事業計画書は必要となります。作成しておいて損はありません。

何かしらのアクションを起こす

市場の調査や事業計画書の作成はとても重要ですが、いつまでも準備に時間をかけていては前に進みません。小さくてもよいので、なにかしらアクションを起こしましょう。最初から完璧を追い求めて準備にばかり時間をかけていては、ビジネスチャンスを逃してしまいます。まずは行動してみましょう。PDCAサイクルを回してながら、自分の事業を良いものに仕上げていけば良いのです。

知っておくべきこと3つ

続いて、起業の際に知っておくべき知識をご紹介します。事業を成功させるためには必須の知識です。

税金について

起業して事業を継続していくためには、さまざまな税金を納めなくてはなりません。法人であれば法人税、個人事業主であれば所得税が代表的ですが、これら以外にも消費税、住民税や法人住民税など納めるべき税金はたくさんあります。税金について知っていれば、事業を継続していくうえで負担する税金の予測が立ちますから、適格な資金繰りが可能になります。納めるべき税金を納めておらず法令違反に問われる、といった事態も避けられるでしょう。

資金調達について

起業にあたってまとまった初期費用が必要な場合、資金調達が高いハードルとなります。金融機関から融資を受ける方法が一般的ですが、最近ではクラウドファンディングやベンチャーキャピタルといった手法も主流になりつつあります。また、国や地方公共団体が起業を支援する補助金・助成金を実施していますから、このような制度を利用してみるのもおすすめです。資金調達の選択肢を多く知っておけば、起業を有利に進められるでしょう。資金調達に関する知識は起業時だけでなくその後の事業拡大のときにも役立ちます。

会計について

会計とは、事業の収入、資産や支出などのお金の状況を記録し勘定科目毎に整理する作業です。会計を行うことで、自分の事業の財政状況を把握できます。きちんと財政状況を把握していれば、ムダな支出の削減もできるでしょう。お金を適切に管理するためにも、会計の知識は起業する際に必須です。会計の知識があれば第三者に自分の事業の業績を客観的に伝えることもできますから、資金調達の場面でも役立ちます。

まとめ

今回は、起業したいと思ったときにやるべきこと4つと知っておくべきこと3つをご紹介しました。起業のためには準備すべきことや知っておくべき知識がたくさんあります。しかし、起業を成功させるためには何よりも行動することが重要です。日々刻刻と変化する状況の中でビジネスチャンスを掴むためにも、まずは一歩を踏み出してみましょう。