会社設立するなら司法書士に依頼した方がいいの?

会社設立するなら司法書士に依頼した方がいいの?

会社設立を司法書士に依頼することで必要書類の作成などをしてくれるので会社設立がスムーズに進みます。

会社設立をしようと思っている人に向けて会社設立を司法書士に依頼するメリットを紹介していきます。

司法書士に依頼できるもの

会社設立の際には司法書士に依頼するのが良いとされています。しかし、司法書士ができる業務については決まっています。これは他の士業に関しても同様で扱うことができる業務の範囲が事前に決まっています。ここでは、会社を設立する時に司法書士が代行して行うことができるものについて紹介していきます。

書類の作成

司法書士に会社設立の代行を依頼すると会社設立に必要な書類を代行して作成してくれます。会社設立の際には定款と言われるものが必要になります。この定款がないと基本的には会社を設立することができません。司法書士は会社設立の際にクライアントに代わり定款を作成し登記を行うことが可能です。そのため、司法書士に会社設立の代行を依頼することで書類を作成から登記まで一括で代行してもらうことが可能になります。

各種申請の代行

司法書士に会社設立の代行を依頼することで各種申請を代行して行ってもらえます。会社設立の際には公証役場や法務局など様々なところに実際に行って手続きを行う必要があります。しかし、この時間を確保することが難しい場合なかなか会社設立が進むないということもあります。この法務局や公証役場での手続きを司法書士なら代行して行うことが可能です。なので、自分の時間を犠牲にすることなく会社設立の手続きを行ってもらうことが可能になります。

司法書士に依頼できないもの

司法書士にしかできないことがあるのと同様に司法書士以外の士業に限定されている業務もあります。これらの業務に関しては司法書士がクライアントに変わって行うということができません。ここでは、司法書士が行うことができない業務について紹介していきます。

各種許認可

会社設立の書類の作成や申請などは司法書士が行うことができます。しかし、許認可に関わることは司法書士はできなくなっています。許認可というのは具体的にお酒を売るための権利や宝石を売るための権利を申請することです。販売にあたって自治体の許可がいるものの場合は司法書士ではなく行政書士に依頼する必要があります。行政書士は行政との関わりがあるもの一手に引き受けています。

税務関係の処理

司法書士は税金関係の処理を行うこともできません。会社を運営していく中で税金関係の処理を行う必要が必ず出てくると思います。しかし、これらの処理に関しては司法書士ではなく税理士の手が必要になります。なので、これらの処理は司法書士の方がやってくれるのではなく別途依頼をする必要がある旨を覚えておきましょう。

司法書士に会社設立を依頼するメリット

司法書士の方には行うことができない業務があるという話をしました。しかし、それでも会社設立の際には司法書士を利用するという人が非常に多いです。司法書士は会社設立の際に必要な業務の多くを代行することができるのが大きな要因です。ここでは、会社設立の際に司法書士に代行を依頼するメリットについて実際の体験をもとに紹介していきます。

全てをまかすことができる

司法書士に会社代行を依頼する最大のメリットは会社設立に必要な作業を全て代行してもらうことが可能なことです。司法書士に会社設立を依頼することで会社を作る時に必要な書類の作成や申請を代行してもらうことができます。許認可が必要な業務を行わない限り司法書士に依頼するだけで勝手に会社の設立が完了しています。この楽さが司法書士に会社設立代行を依頼するメリットです。

スムーズに進めることができる

司法書士は会社設立のプロフェッショナルです。なので、会社設立の際にどのような書類を用意しなくてはいけないのか、クライアントは何を行えば良いのかなどについて的確な指示をくれます。司法書士に頼むことで自分で会社設立を行う時よりもスムーズに会社設立を行うことが可能になります。

定款認証時の印紙税4万円がかからずに済む

司法書士に依頼すると今では多くの事務所が電子定款を用いています。電子定款で定款認証を行う際には印紙代がかからないで済みます。個人で電子定款を使って認証を行うことも可能ですがこの事実を知らない人も多いです。なので、このような有益な情報を教えてくれるという面からも司法書士に会社設立を依頼することにはメリットがあります。

司法書士に会社設立を依頼するデメリット

今までは司法書士に会社設立を依頼することによって得ることができるメリットについて紹介していきました。しかし、司法書士に会社設立を依頼することでもデメリットも当然あります。ここでは、今まで会社を設立したことがない人でも簡単にわかるように司法書士に会社設立を依頼するデメリットについて紹介していきます。

司法書士の報酬が高い

司法書士に会社設立の代行を依頼することの最大のデメリットは司法書士に払わなくてはいけない報酬が高いことです。 司法書士に会社設立の代行を依頼すると10万円~30万円ほどかかることがほとんどです。

会社設立に関しては自分でも行うことが可能なので時間的に余裕がある人は自分で行ってもいいと思います。しかし、時間的に余裕がない人は司法書士に代行を依頼した方がメリットが大きいと思います。

設立後の会社運営の手続きはすべて自分で行う必要がある

司法書士が代行して行ってくれるのはあくまでも会社を設立するところまでです。しかし、会社を経営する中では人事や税金面など様々なことを行う必要があります。コンサルタント業務も行っている司法書士ではない限り会社設立後に関しては基本的に関わることがないです。なので、会社設立後は自分で様々な手続きを行わなくてはいけないというのも大きなデメリットになると思います。

司法書士に会社設立を任せた場合の流れ

司法書士に会社設立の代行を依頼した場合はどのような流れになるのでしょうか?今まで司法書士に会社設立の代行を依頼したことがない人は流れがわからないことがほとんどだと思います。ここでは、司法書士に会社設立の代行を依頼した時の大まかな流れについて紹介していきます。

会社の基本情報を提出する

最初に自分が設立しようと思っている会社の基本情報を司法書士に提出する必要があります。会社の基本情報に関しては司法書士から事前に会社設立の代行を行う際に必要な情報について一覧が届くと思います。クライアントは基本的にこの司法書士から送られてきたものに答える形で会社の基本情報を提出することが可能です。

書類の確認・押印をして登記費用を払う

司法書士に会社設立の代行を依頼する時には会社設立にかかる費用は別途支払う必要があります。会社を設立する際には認証のための料金や書類を提出するための料金など元々決まった料金がかかります。これらの料金は司法書士への依頼料金の他に支払う必要があり、事前に支払うことが一般的です。

資本金を振り込む

会社設立の際には資本金が必要になります。資本金を支払うことで初めて会社として登記が完了します。資本金に関しては自分に会社の大きさなどにもよりますが特にこだわりがない場合は少ない金額で大丈夫です。司法書士に資本金を渡すことで代行して資本金の振り込みを行ってもらうことも可能です。また、会社の設立形態によっては資本金を設定しなくても会社を設立することが可能な場合もあります。

設立登記完了

資本金の振り込みが終わると会社の登記が完了します。司法書士に会社設立の代行を依頼するという場合は基本的に会社の登記が完了するまでを指します。会社の登記が完了すると司法書士から会社謄本をもらうことになります。ここまでで一連の会社設立の代行が完了します。

司法書士に会社設立を依頼する報酬相場

司法書士に会社設立の代行を依頼する時にはいくらくらいのお金がかかるのか疑問に思っている人も多いと思います。司法書士に会社設立の代行を依頼する時の料金は地域や会社の大きさなどによっても異なります。また、会社の運営方式によって異なることが一般的です。ここでは、司法書士に会社設立の代行を依頼する時に必要な報酬について紹介していきます。

株式会社設立

株式会社の設立をする場合には、定款の認証手数料に5万円、印紙代に4万円、登録免許税に15万円がかかります。これだけで24万円ですが、司法書士に依頼した場合には10万円~30万円程度がかかります。ただし、司法書士に依頼した場合には電子定款を利用することで印紙代4万円を省くことが可能です。結果的に、司法書士に株式会社の設立を依頼した場合には30万円~50万円かかるのが通常です。

合同会社設立

合同会社を設立する場合には株式会社の場合とは異なり、定款認証手数料15万円がかかりません。そのため、印紙代4万円と登録免許税6万円の10万円で設立が可能です。

司法書士に依頼した場合には10万円~30万円程の手数料がかかりますので、司法書士に合同会社を依頼した場合には20万円~40万円程度がかかることになります。

司法書士以外に会社設立を依頼する場合

司法書士に依頼する以外にも税理士や行政書士に会社設立の代行を依頼することも可能です。司法書士以外に会社設立の代行を依頼することで司法書士には行うことができないことまでを代行してもらうことが可能な場合もあります。ここでは、司法書士以外の税理士や行政書士に依頼した場合のメリット・デメリットや特徴などについて紹介していきます。

税理士に依頼した場合

税理士に会社設立の代行を行うことで税金関係の代行を行ってもらうことが可能です。会社設立後を決算や税金関係の相談などで長く付き合うことが多いのが大きな特徴です。また、税理士に会社設立の代行を依頼することで他の士業の人に依頼する時よりも費用が安くすむことも多いです。なので、税金関係も不安で相談なども行いたいと思っている場合税理士に依頼してみるのもいいでしょう。

行政書士に依頼した場合の費用

行政書士に依頼することの最大のメリットは許認可を代行してもらうことができることです。運送業やお酒などを販売する予定がある場合は行政書士を利用をするのがいいでしょう。しかし、行政書士は司法書士と違い会社設立の際に必要な手続きを代行することはできません。なので、行政書士に依頼する時は許認可の関係で必要な時だけにしましょう。

自分行う場合

会社設立は司法書士などの士業に依頼しなくても自分で行うことも可能です。しかし、自分で会社設立の手続きを行う場合は相当慣れている場合を除き時間がかかってしまいます。会社設立に時間がかかることで本来の業務に支障が出てしまう可能性もあります。また、会社設立の際は多くのお金が国に納めなくてはいけないです。国に納める法定費用は自分で会社設立を行っても司法書士に依頼しても必ずかかるものになります。そのため、時間に余裕がある場合や今後のための自分で行いたいという場合を除いては自分で会社を設立するのではなく代行を依頼した方がいいでしょう。