株式会社と合同会社の違い

株式会社と合同会社の違い

会社の形態はさまざまですが、株式会社以外にも合同会社と言われる会社の運営方式もあります。合同会社は株式会社とは異なり起業する時にハードルが株式会社よりも低いのが大きな特徴になっています。しかし、これ以外も株式会社と合同会社には大きな違いがたくさんあります。

規模感の違い

株式会社と合同会社の違いは規模感にあります。株式会社は多くの企業で使われている会社の経営方式です。株式会社は大きな会社や資本金の大きい会社で使われるものになっています。合同会社は株式会社とは異なり比較的規模の小さい企業で使われるものになっています。合同会社は会社を設立する時に資金がない場合やそこまで大きい会社ではなく個人で行うレベルの会社を設立する時によく使われるものになります。

出資

株式会社の場合は資本金を出資する人がいて別に経営を行う人がいます。もちろん経営を行う人と資本金を出資する人が同じ人であることも多いです。しかし、大きい企業になると資本金の額が大きくなり出資する人が多く、経営者が資本金の全てを出資していることは少ないです。合同会社の場合は株式会社とは異なり資本金を出資する人と経営を行う人が一緒である必要があります。なので、第三者から資本金の出資を受けることはできない仕組みになっています。

管理面

株式会社では会社の運営を行う時には株主総会や取締役の設置などが義務付けられています。これは、株式会社の場合は経営を行う人物と実際に出資を行う人物が異なることが多いからです。株式会社の場合は出資した人の権利をしっかり守るために会社の内部で管理を行う必要があります。しかし、合同会社の場合は会社の経営を行う人と会社に対して出資を行っている人が同じです。なので、必ずしも内部の管理を行わなくてはいけないということはありません。

利益の分配

株式会社の場合は事業の中で得ることができた利益は全部を社員のための給料にしたり、事業の投資に回したりすることはできません。株式会社では会社の運営の中で得ることができた利益に関しては株主の方に分配をしなくはいけません。合同会社の場合は出資を行う人と経営を行う人が同じなので、事業を行う中で得ることができた利益に関しては全部自分たちで配分を決めて分配することができます。

株式会社が向いている業種

株式会社の方式が向いている業種には大規模なものが挙げられます。株式会社にすることで外部から出資を募ることが可能になります。外部から出資を募ることができるので工場の建設が必要な業種や大規模な投資が最初に必要な業種は株式会社の方がいいでしょう。また、最終的には株式を上場することを考えている人は株式会社の方式で会社を運営するのがいいでしょう。

合同会社が向いている業種

合同会社は投資の必要がない業種に向いています。合同会社は個人レベルで運営しているものやプチ起業のようなものが向いています。最近では個人のコンサルタントやフリーランスの人が節税対策で会社の経営を行う時に合同会社の形式で行われることが多くなっています。

設立スピードの違い

株式会社は出資などを募るために非常に多くの手順を踏まなくてはいけなくなります。株式会社の場合は発起人の選定や資本金の金額の設定、定款の作成などを行う必要もあります。合同会社の場合は自分たちで資金を出資して会社の経営を行うことになります。なので、比較的簡単に会社の設立を行うことが可能になります。また、合同会社の場合は定款の作成だけで会社の設立を行うことが可能です。

会社設立費用に関する違い

株式会社と合同会社では設立の時にかかる費用にも大きな違いがあります。ここでは、株式会社と合同会社で会社を設立する時にどのくらい費用の面で差があるのかについて簡単に紹介していきます。

法定費用

会社を設立する時には国に納めなくてはいけない法定費用というものが事前に決まっています。この法定費用が株式会社と合同会社の間で大きく異なるものになります。株式会社の場合は法定費用として定款認証手数料と登録免許税で20万円程度かかります。合同会社の場合は法定費用として登録免許税の6万円のみがかかります。合同会社の場合は定款認証手数料がかからないのと登録免許税が安く設定されていることから設立の際に差が出ます。

資本金

株式会社と合同会社では資本金に関する違いはありません。株式会社の場合、昔は最低資本金金額が設定されていましたが今では廃止されています。また、合同会社には最初から資本金の最低金額の設定がありません。株式会社でも合同会社でも資本金は1円から設定することができます。なので、株式会社を選択しても合同会社を選択しても基本的には資本金には違いがありません。しかし、株式会社の場合は世間的に見て信用を得るために資本金の金額を高く設定することがあります。

両者に税制面での違いはない

株式会社と合同会社では税金の面で違いがありそうな印象を受ける人も多いと思います。しかし、実際には株式会社でも合同会社でも税制の面では大きな違いがありません。株式会社でも合同会社でも法人税の納税や消費税の納税を行う必要があります。地域によっては合同会社に対して特別な支援を行っている自治体もあります。基本的には税制面では大きな違いがありませんが支援を受けることができる可能性があるという面では違いで出ることもあります。