合同会社のメリットとデメリット

合同会社のメリットとデメリット

合同会社を設立するメリット

合同会社を設立することでどのようなメリットがあるのかを知りたい人も多いと思います。実際に、今は株式会社ではなく合同会社として会社を立ち上げる人も多いです。

会社設立費用

合同会社を設立する時は株式会社よりも15万円程度安く会社を設立することが可能です。これは合同会社の場合は定款認証代と登録免許税が安くなっているからです。

ランニングコスト

会社を経営していく中で必要になるお金があります。それが決算の度に官報に掲載するための官報掲載費です。この官報掲載費は決算日に毎回6万円ずつ納める必要があります。しかし、合同会社の場合は決算を公表する必要がないので毎回の官報掲載費がかかりません。なので、この分のランニングコストを抑えることが可能になります。

議決権

合同会社の場合は出資を行っている人は対等に意見をいうことが認められています。この結果、会社の運営を皆の意見で進めることができ混乱の少ない会社経営を行うことができます。株式会社の場合は株式の保有数によって議決権の大きさが異なります。なので、合同会社の形式にすることで出資者の意見を反映した経営を行いやすいです。

利益の配分

合同会社の場合は会社の事業の中で得ることができた利益を自分の会社の方針で決めることができます。合同会社の場合は株式を発行しないので出資した人の中で貢献度や出資比率の大小で利益を配分できます。

自由度が高い

合同会社は株式会社と違い外部からの出資を受けていません。なので、外部から会社の運営方針に対して口出しをされることや会社の事業について口を出されることがありません。自分たちの中で自由に経営をおこなうことができるのが合同会社の大きなメリットです。

合同会社を設立するデメリット

合同会社を設立することでデメリットも当然あります。

認知度が低い

合同会社という会社の運営方式はここ数年でできた制度になります。なので、合同会社という仕組み自体の認知度が低いです。合同会社なので社会的な信用を得ることができないことや取引先から信用を得ることができないこともあります。

上場できない

合同会社の場合は株式にように外部から出資を受けるための手段を持っていません。なので、合同会社は上場を行うことができません。将来的に出資を行うことを目的にしているなら合同会社ではなく株式会社の方式で起業をするといいでしょう。

資金調達の選択肢が少ない

合同会社は基本的に出資を行う人と経営を行う人が一緒です。なので、合同会社では外部から出資を受ける手段がありません。また、株式を発行することができないので銀行からの信用を得ることができずに大規模な融資を受けることができないこともあります。