大学生が起業するには?大学生のための起業ハンドブック

大学生が起業するには?大学生のための起業ハンドブック

起業意欲の高まりから、大学生のうちに起業したいと考えている方が増えています。実際に学生起業から成功した実業家もあり、起業は身近な存在になりつつあります。とはいえ、実際に何をすればよいか分からず困っている方も多いのではないでしょうか。今回は、大学生が起業するメリット&デメリットや学生起業が失敗する主な原因をご紹介します。学生起業を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

大学生が起業する4つのメリット

大学生の強みはなんといっても学生であることです。以下では学生起業のメリットを具体的に紹介します。

リスクが少ない

学生の多くの方は保護者から仕送りをもらっているため、最低限の衣食住は簡単に確保できます。仮に事業に失敗しても、従前の学生としての生活に戻るだけで済みます。社会人であれば、会社を辞めてまで起業に挑戦するというのはハイリスクですが、大学生であれば、収益が0でも生活していけますから、起業へのリスクが小さいです。

若くてエネルギッシュ

起業には多くの時間と労力が求められます。ビジネス開始直後はハードワークが必要となることもあるでしょう。創業時は人材面でも資金面でも他社に劣るでしょうから、行動力の多さで差をつけるしかありません。若くて体力がありエネルギッシュであることは、それだけでメリットになります。

自由な時間が多い

大学生のほとんどは、社会人に比べ自由な時間が多いです。その分、起業に費やせる時間が多くなります。平日の余暇時間が多いのはもちろん、長期休暇を利用すれば起業に専念できるでしょう。また、休学という大学生ならではの手段もとれます。起業のために大学を辞めるというのはハードルが高いですが、休学であれば比較的簡単にとれる選択肢となります。

就職活動に活かせる

大学生のうちに起業したという経験は、就職活動において有利にはたらくこともあります。起業した以上、自分で事業を運営することの大変さや責任を理解しているため、ビジネスで求めらる実力が既に身についているからです。自らの手で価値を生み出す経験をしているため、市場にマッチする人材といえるでしょう。

大学生が起業する2つのデメリット

大学生が起業するときにはデメリットもあります。

学業との両立が難しい

起業したといはいえ、学生の本分である学業が疎かになっては本末転倒です。大学生である以上、授業や試験を受けなければ卒業できません。両立が難しい場合は休学や中退といった選択も視野に入れる必要があります。

また、起業に時間を費やす以上、遊ぶ時間も減ります。サークル活動や長期休暇に旅行へ行くなど、大学生らしいことができにくくなることもデメリットといえるでしょう。

知識・経験が少ない

いくら学生として優秀でも、ビジネスとして成功できるかどうか別のはなしです。知識や経験の少なさから損をしてしまう可能性がありますし、知らないうちに法令違反を犯していたという最悪の事態も考えられます。ビジネスマナーを知らないがゆえに商談がうまくいかないということもあるかもしれません。

主な失敗の原因3選

次に、大学生の起業が失敗する主な原因をご紹介します。学生起業の際は以下の点に注意してみてください。

友達とノリで起業してしまう

仲のよい友達とノリで起業してしまうと、良い結果につながりにくいです。いくら自分が本気でも、友達のモチベーションがそれについてこれないと不仲になり解散してしまう可能性があります。また、なれ合いとなってしまい厳しい指摘ができずビジネスを改善できない可能性もあります。友人との起業が悪いというわけではありませんが、目標やモチベーションをしっかりすり合わせたうえで起業するようにしましょう。

起業の良い面しか見ずに起業してしまう

学生起業を志す大学生は優秀な方が多いですから、起業のノウハウも自分でリサーチできます。ここで、先輩実業家の華やかな言動ばかりを追ってはいけません。どんなビジネスも小さく泥臭い仕事が要求されますし、失敗のリスクがつきまといます。起業の際は、起業の悪い面やリスクも見極めたうえでビジネスを開始しましょう。

掲げた目標と実力やモチベーションが釣り合っていない

大きな目標を立てることは良いことですが、それと自分の実力やモチベーションが釣り合っていないと途中で簡単にあきらめてしまいがちです。目標に対して、本当に自分がそれをやり遂げられるのか、またはやり遂げたいと思うほどの強いモチベーションがあるのか、自分を見つめ直しみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、大学生が起業する際のポイントを解説しました。起業が身近になり、誰でも起業できる時代ですが、成功できる人は少数です。しかし、自分が本当にやりたいことを見つけ、大学生であることの強みを発揮し熱意をもって起業すれば、起業を成功へ導けるでしょう。