女性が起業するときのポイントは?女性起業家ならではのメリットも紹介

女性が起業するときのポイントは?女性起業家ならではのメリットも紹介

女性起業家は増加傾向にあり、働く女性の中で起業意識が高まっています。とはいえ、育児や家事などのライフステージの中でなかなか起業へ踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。今回は、女性が起業する際のポイントうやメリットをご紹介します。女性起業家を志す方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

女性が起業するときの3つのポイント

まず、女性が起業するためのポイントを解説します。起業前に以下の準備をしておくと、ビジネスを円滑に進められるでしょう。

人脈をつくる

どのビジネスでも人脈は非常に重要です。とくに女性の場合、小さいビジネスで起業しそれを大きくしていくというケースが多いので、ビジネスを成長させるうえで人とのつながりが重要になってきます。コミュニティを作ったり交流会に参加するのが一般的な人脈づくりの方法です。SNSを利用して人脈を広げてもよいでしょう。

ブランディング戦略を練る

ブランディングとは、自分のイメージを表現し他社に伝えるということです。自分の思いを表現し、消費者の共感を得られれば、ブランディングは成功といえます。女性起業家は美容系やダイエットなどの分野で起業するケースが多く、このような分野ではとくにブランディングが重要になってきます。キャッチコピーやプロフィール写真、人柄などで自分のサービスを表現しましょう。

家族の了解を得る

家族を持つ女性にとって重要なのは、家族の了解を得ることです。起業に対し理解を得られれば家庭内でストレスを感じることなくビジネスができます。家族のサポートがビジネスを成功に導くこともあるでしょう。まずは最も身近な存在を味方にし、ビジネスの基盤を固めるのです。

女性起業の2つのメリット

続いて、女性起業のメリットをご紹介します。女性起業の強みを活かせればビジネスを成功へ導けるでしょう。

女性ならではの視点を持っている

女性の社会進出が進み購買市場が拡大したことで、女性のニーズに合った商品やサービスが求められるようになりました。働く女性には働く女性の、主婦には主婦のニーズがあり、これを満たす商品やサービスを提供できれば市場に価値をもたらします。同じ経験をした女性であれば、顧客の抱える課題やニーズをよく理解したうえで商品やサービスを提供できます。女性ならではの視点を持っていることは女性起業の大きなメリットです。

女性起業家のネットワークを活用できる

前述の通り、人脈づくりは起業のポイントの1つです。最近では女性起業家だけのイベントも開催されており、ここで交流を深めればよきビジネスパートナーを得られるかもしれません。横のつながりを持てる機会があるという点も女性起業のメリットです。

女性起業におすすめのビジネス例3選

女性が起業する際のおすすめのビジネスの例をご紹介します。

美容系サービス

ネイリスト・エステティシャンなど、女性に需要の高い美容系サービスは女性起業におすすめです。女性ならではの視点で、需要にこたえるサービスを提供しやすい分野です。化粧品や美容グッズを扱う企業に勤めた経験があればその経験を活かせます。自宅をサロンとして小さい規模から始められるのもこのサービスの利点です。美容系サービスで起業するためには資格や技術が必要になりますが、必要なスキルがあればすぐにでも起業できます。

インターネットショップ

インターネット上で店舗を開設し、オンラインショッピングを運営するビジネスです。セレクトショップとして自分が好きなものや流行りそうだと思うものを集めて販売してもよいですし、手作りの商品を販売するハンドメイドショップとして運営してもよいでしょう。自分で作成したデザインを業者に依頼してオリジナルのプリントTシャツとして商品化するという方法もあります。自分の好きな分野で開業できるため、女性起業へおすすめのビジネスです。

自宅教室

おしゃれな料理や健康に良い料理をコンセプトにした料理教室、インスタ映えする写真の撮り方を教えるカメラ教室といった教室を、自宅で開講するビジネスです。こちらも自分の好きな分野や得意な分野で起業できますし、自宅で開業するため教室用に場所を借りる必要がないので低予算で開業できます。今まで趣味でやっていたものが他人に価値を与えるサービスとなるかもしれません。対価を支払ってもらえるような質の高い教室を開ければ、多くの顧客を集められるでしょう。

まとめ

今回は、女性が起業する際のポイントやメリット、女性起業におすすめのビジネス例をご紹介しました。女性の購買市場が拡大を続けている中、女性ならではの強みを活かし起業できればビジネス成功の可能性を高められます。女性起業家を志す場合は、自分や家族のことを見つめなおし、ベストな分野とタイミングで起業しましょう。